ニュース一覧

中古で買い取られるか

車

問題は修理歴

事故車を売りたいと思った場合、査定額にどれだけ影響するのか、気になりますよね。しかし、中古車業界において注目しているのは、修理歴車かどうかという点です。事故や災害などで修理したことがあれば、それは修理歴車ということになります。一方で、実際に軽い事故を起こしたことがあり、傷をつけたとします。この場合、事故に遭ったのだから事故車の扱いになりそうですよね。しかし、軽く擦った程度で特に修理をしていなければ修理歴車にはならないのです。ちなみに、事故を起こして動かなくなってしまった車を持っている場合、放置しておくのはもったいないです。たとえ動かなくなっていても買取店によっては、引き取ってくれる場合があるのです。たとえ動かなくなっても、まだ使える部品があれば、それだけで価値があります。また、日本国内では価値がなくとも、海外市場では価値がある場合もあります。動かなくってしまった車を持て余しているなら、一度買取店に相談してみるのもいいでしょう。ちなみに、自分は一度も事故を起こしていなくても、中古で購入した場合、前のオーナーが事故を起こしている場合があります。中古で買った車を売りたいと思った場合、事故車かどうか、査定に出してみることでわかるでしょう。修理歴があるかどうかの見極めはプロでも難しいですが、そこはきちんとチェックしてくれるはずです。査定額がいったいいくらになるのか確認した上で、買い取ってもらうかどうか判断できるでしょう。