現代の資産運用にズームイン【不動産投資セミナーは無料で行なう】

模型

売却益も狙えます

仕組みを知ろう

不動産

今、注目を集めている投資商品の1つに上場不動産投資信託があります。上場不動産投資信託とは投資家から集めたお金や金融機関から借りたお金を使って、マンションやオフィスビル、ホテルなどに投資をして、そこから得られた家賃収入をもとに投資主に分配をするという投資商品です。株式市場に上場されているため、証券会社を通じて売買をすることができます。実物不動産と異なり、不動産自体の所有権を持つことはできませんが、不動産から得られる賃貸収入を享受できるといった意味では不動産投資とほぼ同様と言えます。証券会社では株式に準じているため、手数料は株式売買手数料と同じであり、不動産を相対で取引する時のような多額の手数料を支払う必要はありません。

投資戦略は練ろう

上場不動産投資信託は長期的に保有して分配金をもらい続けるという投資戦略が一般的ですが、キャピタルゲイン狙いの投資も可能です。上場不動産投資信託の中でもオフィスビル系の銘柄はキャピタルゲインを狙うのに適しています。なぜならば、オフィス賃料は景気の好不況と共に大きく変動するからです。賃料が増えれば分配金の増配期待も高まります。実際に好景気の時には増配をする銘柄が多く、景気が良くなってくる兆しが見られると、オフィスビル系の上場不動産投資信託を先行して購入する投資家もいます。上場不動産投資信託は無配ということがほとんどありませんので、不景気の時に積極的に投資をして好景気になるのを待つ、という投資戦略が取りやすい投資商品と言えます。