現代の資産運用にズームイン【不動産投資セミナーは無料で行なう】

模型

タイプによる違いを知ろう

性格を知ろう

不動産

上場不動産投資信託はその投資対象によって性格も異なってきます。例えば、ファミリータイプマンション等のレジデンス系の銘柄は分配金が比較的安定しており、投資口価格の変動も穏やかです。これは家賃が好不況にあまり影響を受けないからです。一方で、オフィスビル系の銘柄の場合、投資口価格は大きく動きます。オフィスビルの賃料は不景気になると下がりやすく、好景気になると上がりやすくなるため、分配金もこれに準じるように変動し、分配金利回りが高めに放置されていると買われる傾向にあり、減配して分配金利回りが下がってくると売られる傾向にあるのです。商業施設系の銘柄は分配金が安定していますが、賃貸契約の満了が近くなってきたときには注意が必要です。更新されない場合には減配につながるからです。

ホテルも注目です

安定志向を求める方はレジデンス系や商業施設系の銘柄を保有し、インカムゲインを得ながらもキャピタルゲインを狙いたいと考える方はオフィスビル系の銘柄が向いていると言えます。また、最近では、キャピタルゲインを狙える銘柄としてホテル系の上場不動産投資信託が人気となっています。インバウンド効果によりホテルの稼働率が上がっているためです。ホテルで運用をしている上場不動産投資信託を物色する場合、固定賃料と変動賃料の割合に気を付けましょう。変動賃料の割合が大きいと高稼働しているホテルの恩恵を受けやすいです。どのタイプの銘柄に投資をしようか悩むようであれば、総合型の上場不動産投資信託に投資をしてみるのも良いです。