ニュース一覧

廃車は売却で行うと良い

男性

自走不能でも売却可能

事故車はその程度によっては修理を行って乗り続ける事も可能ですが、自走不能にまで至ってしまった場合には引き取って貰った上で、廃車手続きを経て処分するのが嘗ては一般的でした。ですが近年は、自動車に関する取引も国を跨いで行われるケースが増加して来た事で、その状況に変化が見られつつあります。理由の1つに、特に途上国における日本車の人気があります。例え事故車であり、日本国内では修理を行っても費用面等で再度の使用が難しい車であっても、検査基準の違い等から海外では充分に実用に耐えるケースがあります。また仮に修理が無理であっても、事故に直接関わっていない箇所からパーツを抽出する事が可能な為、意外にも事故車には高い需要があるのです。その為、国内の買取事業者からの需要も高まっていて、事故車を単に処分するなら売却する方が金銭的にも優位というケースが増えています。この事実を知っているかどうかの違いが処分においては大きな違いとなる訳ですが、同時に事故車である事を理由に買い叩いて来るような事業者も存在するので、複数の見積もりを得ての売却が大きなポイントとなっています。また売却後は廃車や抹消の手続きを経る事になりますが、手続き上の処分が完了した後に車検期間が残っている場合、申請をする事で自動車税等の還付を受ける事が出来ます。この手続きは自らが行う必要があり、売却額と合わせて相応の収入となる可能性がありますから、併せてしっかりと手続きを進めたいものです。